圧入についてをレビューする総合情報サイト-製作・装置編-

製作・装置段階

製作・装置段階記事一覧

圧入仕様-実際の条件-

一般的に多い仕様は圧入荷重 50kgf〜5ton圧入深さ 100分の1単位で測定管理圧入材質 鉄・アルミ・樹脂・ゴム材質温度 常温〜200度圧入速度 可変圧入径  φ3〜圧入方式(→は力の強さレベル)手動→エアー→サーボプレス→油圧環境面からもサーボプレスが主流になってはきています。ただし一...

≫続きを読む

 

圧入力を段階的に変える

圧入開始と圧入終了時では実際、荷重を一定にしても必要圧入力自体は違います。つまり本来、それに対応できるように圧力を段階的に変化を持たせることが望ましいです。また必要に応じクランプ力を変化させることもできますいわゆる「2圧管理」と呼ばれるもので多くは油圧で行います

≫続きを読む

 

圧入する方向

市販のハンドプレスなど一般的には上下の一方向からですが、実際製品を使用する同じ環境条件で圧入したいという場合に1.横方向2.斜めの方向も可能ですベアリングといった左右通常両サイドに取り付け必要な場合にはどうするのか?同時圧入という形をとります

≫続きを読む

 

多品種/多機種対応

コスト・設備スペースなどの諸条件の問題で1台の設備で複数の製品の対応や多機種対応の相談があります。圧入方向によって違いはありますが、圧入ヘッドを複数持たせて切り替える形などがございます。最新の相談ではロボットと圧入を組合わせた相談もありました(開発中です)是非相談下さい。

≫続きを読む

 

圧入数値について

圧入は単に押し切りだけではありません。ストローク、荷重を計測するケースも多くあります例えばワークの製品公差の累積により圧入端はバラつきます。ストロークと荷重の関係は以下のイメージですこの測定のように工程を常時監視することでサイクル毎の圧入端を正確に認識できます最近の流れでは上記のグラフの変化に着目し...

≫続きを読む

 

圧入速度を変える

時間短縮の為に圧入速度を早くしたいという要望がありますただし全てが同じ条件であっても荷重に影響が及びます。もちろん時系列グラフにおいては変化してしまうため注意が必要です過去のケースですが、圧入途中で荷重値が落ちる(グラフが下降する)こともありましたので製品差が生じる場合もあります。

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ
基本段階 設計段階 製作・装置段階 品質段階(不良をなくす)