圧入について課題を解決するための専門サイト

圧入仕様-荷重、深さ、温度など-

圧入仕様-実際の条件-

一般的に多い仕様は

 

圧入荷重 50kgf〜5ton
圧入深さ 100分の1単位で測定管理
圧入材質 鉄・アルミ・樹脂・ゴム
材質温度 常温〜200度
圧入速度 可変
圧入径  φ3〜

 

圧入方式(→は力の強さレベル)

 

手動→エアー→サーボプレス→油圧

 

環境面からもサーボプレスが主流になってはきています。

 

ただし一般的にサーボプレスの標準品としては〜5tonまでの荷重が多いのですが

 

ワーク形状やしめしろ、力の出し方によって油圧でなければ対応しきれないケースはもちろんあります。

 


ホーム サイトマップ
基本段階 設計段階 製作・装置段階 品質段階(不良をなくす)