圧入について課題を解決するための専門サイト

圧入数値について

圧入数値について

圧入は単に押し切りだけではありません。

 

ストローク荷重を計測するケースも多くあります

 

例えばワークの製品公差の累積により圧入端はバラつきます。

 

ストローク荷重の関係は以下のイメージです
荷重

 

この測定のように工程を常時監視することでサイクル毎の圧入端を正確に認識できます

 

最近の流れでは上記のグラフの変化に着目し、「変化点」を探すことも多いです

 

 また圧入時に異物かみこみや、機種違い防止、推力機器の異常検知といった管理も行えます

 

品質管理の点からも監視する必要が出てきています。品質管理はこちら品質段階

 


ホーム サイトマップ
基本段階 設計段階 製作・装置段階 品質段階(不良をなくす)