圧入についてをレビューする総合情報サイト-品質編-

品質段階

品質段階(不良をなくす)記事一覧

芯ズレ、傾き

考えられる要因としては1.圧入ヘッドなど治具2.異物かみこみです1についてはどこで芯を合わせているかなどが重要になり、現状の設備では対応できないケースもありました。2については圧入直前にエアーブロー装置を付けるなど対策します荷重不良の原因にもなりますので注意が必要です

≫続きを読む

 

カジリについて

ワークがそれ以上動かなくなるような状態で、圧入の場合、局部的な焼きつきが一般的な表現です。面圧に対して材質の硬さが許容オーバーの状態であるため1.荷重などの規格自体を見直す2.面圧を左右する摩擦係数を落とすといった対策が必要です圧入面の面取りや油塗布するだけでもかなり違ってきます

≫続きを読む

 

圧入荷重不良

圧入を常時監視することで不良がどのタイミングが生じたのか把握できます荷重が低い→通常よりもしめしろが小さい荷重が高い→通常よりもしめしろが大きいこれらがどのタイミングで生じたのか、全体的なのか部分的なのか確認ができます相談内容では圧入データがバラつく(傾き角度がバラバラである)場合もありました。

≫続きを読む

 

抜け荷重不良

抜け荷重は現在良く言われている課題です。圧入力=抜け荷重ではなく、また算定式で出される数字と実際の抜け荷重は若干違います。それは影響のある項目は多岐に渡るためです。1.圧入時の温度2.圧入角度3.圧入スピードスピードもゆっくりと圧入したものと早く圧入したものでは数値的にも違います4.材質などこれらは...

≫続きを読む

 

圧入を検査する

製品の圧入深さ自体を計測することはストローク・荷重管理の組み合わせでできます。では圧入しめしろがきちんとされているかどうかはどう確認したい場合は?→製品自体をシールさせエアーなどのリークテストをする方法があります リークする位置に留意しながら、漏れ量を計測する方法です

≫続きを読む

 

事前に試してみる

事前に圧入を試して確認をしたい。という声があります。一度ご相談下さい。参考にこちらも覘いてみて下さい。

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ
基本段階 設計段階 製作・装置段階 品質段階(不良をなくす)