圧入についてをレビューする総合情報サイト

よくあるお問い合わせ

よくあるお問い合わせをまとめてみました

当HPを検索・閲覧有難うございます。
当HPは「圧入」という技術について様々な角度からアプローチをし、問題の解決の助けになればと思い立ち上げたサイトです
圧入の分野は奥が深いので、列記することが多いのですが、分かりやすくシンプルにをテーマとして記載しています

 

以下は当HPを立ち上げて問い合わせの多かった内容について、共有できる項目についてまとめてみました。
皆さん同じようなことで悩んでいるんだなどと思いながら見て下さい

 

真っ直ぐに圧入されていない時がある
時々であれば圧入時に製品のどちらかが傾いている可能性があります。ワークセット・チャック時の姿勢また姿勢保持の方法を見られた方がよいと思います

 

圧入面にカジリがでてしまう。
品質段階でもレビューしてますが材料と面圧の関係で材料が負けている状態です。直ぐに対策するのであれば油塗布するだけでも面圧は変わるので試してみてください

 

圧入力を変えたいのだが
ただ圧入をするのであれば変更は問題ないと思います。ただし2段階となると油圧を使用であれば改造が必要となります。更にはバックアップの荷重も注意を。現回路図を準備して相談下さい

 

圧入した製品が外れないよう抜け荷重を管理したい
圧入した際の圧入荷重管理はできますが抜け荷重管理自体は当然ですができません。ただしある圧入荷重した時の抜け荷重を調べると比例関係に収束されますので、その意味で圧入荷重管理をする意味はあります

 

圧入の荷重・ストローク管理が思ったようにでない
うーん。質問はよくあるのですが、ワーク寸法や圧入機のメカ構造の問題もあるのでなんともいえません。まず最初に圧入時の寸法調査をされるのが一番だと思います

 

今ある圧入する機械にストローク・荷重管理する機構をつけたい
理論的にはできます。あとはスペース的な問題と予算の問題になるかと。管理したい項目の基準値も10分の1と100分の1まででは使用機器が違ってきます。数値決定のうえ装置機構を見せてもらえればお答えできると思います

 

圧入機自体のタクトを短縮したいのだが
タクト変更は、まず圧入以外のタクトについてラップさせるなどで短縮した後にそれでもという場合、圧入時のスピードを変える必要があります。ただし変更すると抜け荷重など変化してくるのでご注意を

 

簡単な方法で圧入する機械できないか
ワークの投入・排出を人であれば治具に市販の簡易圧入機で対応できます。治具が肝になるので設計もします。最近の簡易圧入機はデータ管理などができてかなり進歩してますので組み合わせることもできます。逆に超高圧など市販製品で対応ができない場合はシリンダなど自体も製作可能ですので相談下さい

 

急な製作が必要だが対応できるか?今までとは違ったアイデアで取り組みできないか
設計・製作・組立・仕上げまで一貫生産ですので、可能な限りの納期対応と様々なノウハウで対応します。ただし納入前にある程度の試し打ちは絶対に必要です

 

 

事前に試し打ちができないか?
一度ご相談下さい。製品形状大きさによります。


ホーム サイトマップ
基本段階 設計段階 製作・装置段階 品質段階(不良をなくす)